カメラの買取りしてもらいませんか

自宅や実家に眠っているカメラ、壊れてしまい処分していないカメラなど今使っていないカメラが手元にありませんか?物を処分するのでさえ、金銭的な負担が発生する時代です。壊れたカメラなどの家電製品処分に頭を悩ませている人も多いかと思います。大切に使っていたカメラでも、レンズにカビが生えたり、レンズの曇りが取れなかったりする場合は、修理代金がかさんでしまうケースもあります。昔よりも低価格で品質の良いカメラが販売されているため、修理に出すよりも新しいものを購入するほうが安上がりな場合すらあります。

お金そんなときは、ゴミに出してしまう前に、買取りサービスを利用してみませんか?実は、一眼レフやレンズなどは中古でも価値が落ちにくく、日本国内だけでなく海外でも根強い需要があります。そのため、自分はもう使わないけれど、誰かに使ってもらったり、ちょっとしたお小遣いになったりする可能性があります。

買取りとは、不要になったカメラを売って査定金額を受け取ることです。一般的にリサイクルショップや中古カメラ店、カメラ販売店などで行っているサービスのことです。似たような言葉で、下取りというサービスもあります。下取りは、新しく欲しいカメラを購入することを前提に不要になったカメラを売って査定額を受け取ることです。そのため、下取りの査定を受けた店舗で新しいカメラを購入する必要があります。新しいカメラを購入する予定がなく、査定のみをしてほしいときは買取りサービスを利用するということになります。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket