壊れたカメラでも買い取ってもらえるの?

カメラ壊れたカメラでも取り扱っている業者もいますが、数は多くはありません。実店舗よりもネットショップの方が壊れたカメラを扱っているお店が多いです。ただ、どのお店も正常に動く中古品よりも買取り価格が下がってしまう点は、理解しておく必要があります。細かなキズやカビ、レンズの曇りなどは、専門のクリーニング技術を要すれば比較的解消できますが、シャッターを切ったときに異常な音がするなど、機械の部分での故障は買い取り金額が大幅に下がることも覚えておきましょう。

次の場合は、買取りしてもらえない場合が多いので、注意しましょう。元々の買い取り価格が低いカメラ、バッテリーや充電器がないカメラ、起動ができないカメラ、修理もできないカメラです。また、10年以上前に販売されていたものについては、カメラは1~3年すると新製品が登場するので、そのたびに前のモデルの買い取り価格が下がってしまいます。ただヴィンテージものや限定品が中にはあるので、注意しましょう。

自分では、もう無理かなと思っていても、プロの目から見ると修復可能だったり、価値があったりする場合があるので、廃棄処分する前にあきらめずに、一度お店に問い合わせてみるのがいいでしょう。


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket